練馬駅から徒歩11~13分の低層マンション「ヴィークステージ練馬豊玉」で最終期販売

投稿者: | 2017年10月3日

池袋線練馬駅から徒歩約11分~13分の豊玉中4丁目の第一種低層住居専用地域で昨年(2016年)12月までに完成した4階建ての低層マンション「ヴィークステージ練馬豊玉」(2棟計110戸、売主:清水総合開発)では、家具付きモデルルーム1戸の販売を行うとともに、今月(2017年10月)上旬から最終期の販売が始まります。

ヴィークステージ練馬豊玉の公式サイト

ヴィークステージ練馬豊玉は、昨年10月末に竣工した34戸の「楓HOUSE」(駅徒歩約11分)と、同年12月に竣工した76戸の「桜HOUSE」(駅徒歩約13分)があり、いずれも販売が行われる予定です。

駅に近い楓HOUSEでは、3LDK~4LDK(専有面積71.28~85.95平方メートル)が5490万円から6980万円、桜HOUSEでは3LDK~4LDK(専有面積71.31~91.35平方メートル)が5390万円から8190万円。

一方、桜HOUSEのモデルルームは2LDK+S(納戸)(68.69平方メートル)で5490万円となっています。

【参考リンク】

ヴィークステージ練馬豊玉の公式サイト