練馬駅徒歩3分、警察署となりの14階建て53戸「ブランズ練馬」は11月下旬から販売

投稿者: | 2017年8月23日

練馬駅南口にほど近い練馬警察署の隣接地で、2019年1月の竣工を目指して建設が進む14階建て53戸のマンション「ブランズ(BRANZ)練馬」(売主・東急不動産、練馬区豊玉北5)は、今年(2017年)11月下旬から販売を開始することが発表されました。

「ブランズ(BRANZ)練馬」の公式サイト

ブランズ練馬は、明治安田生命の営業所や練馬駐車場などがあった820平方メートルほどの敷地を使って建設。延床面積は約4461平方メートル。間取りは1LDKから4LDK、専有面積は37.62~90.15平方メートルを予定しています。

公式サイトによると、角住戸が中心で、リビング・ダイニングの天井高約2,600ミリという開放感が特徴だといいます。

付近は警察署や消防署、オフィスビル、店舗などが中心の環境で、練馬駅南口から徒歩3分という高い利便性を持つ物件だけに注目を集めそうです。

【参考リンク】

ブランズ(BRANZ)練馬の公式サイト